全国遺跡報告総覧シンポジウムのご案内

■テーマ:
文化遺産の記録をすべての人々へ! ―発発掘調査報告書デジタル化の方向性を探る―
■日 時:
平成28年2月18日(木)13時〜17時30分
■会 場:
奈良文化財研究所 平城宮跡資料館講堂>
■主 催
全国遺跡報告総覧プロジェクト
■共 催:
国立文化財機構奈良文化財研究所,国立大学法人島根大学附属図書館
■後 援:
国立国会図書館,国立情報学研究所
■対 象:
一般市民,自治体文化財担当者, 大学教員,学生,大学図書館員ほか
■参加費:
無料
■定 員:
約100名
■趣 旨:
 遺跡の発掘調査報告書を電子化して公開するプロジェクトとして、全国21の国立大学図書館が連携して推進した「遺跡資料リポジトリ・プロジェクト」は、各大学が分散管理していたシステム及び7年間にわたる事業においてデジタル化した報告書のコンテンツ約14,000点を、平成27(2015)年6月に国立文化財機構奈良文化財研究所が管理する「全国遺跡報告総覧」に移転・統合しました。大学図書館が主導したこれまでのパイロット的なプロジェクトから、奈良文化財研究所を中心として、大学図書館が支援しつつ報告書発行機関が参加する新たな枠組みへと一歩を踏み出しました。
 新たなスタートを切った「全国遺跡報告総覧」が参加機関を拡大しつつ、安定的に運用されるようになるためには、今後どのような方策が必要でしょうか。シンポジウムでは、発掘調査報告書のデジタル化が果たす役割と可能性、今後の方向性について、基調講演と事例報告、パネルディスカッションをとおして考えます。


【資料等】
予稿集 
プログラム
12:30-13:00受 付
 司会進行 昌子喜信 島根大学附属図書館 情報サービスグループ・リーダー
13:00-13:10開会挨拶 ロジェクト代表 杉山 洋 奈良文化財研究所企画調整部長
 共催機関 杉江実郎 島根大学附属図書館長
第1部
13:10-13:20報 告「遺跡資料リポジトリ・プロジェクトの経緯」
矢田貴史 島根大学附属図書館 企画・整備グループ
13:20-13:30報 告「全国遺跡報告総覧の誕生」
高田祐一 奈良文化財研究所企画調整部 研究員
13:30-14:00基調講演「発掘調査報告書とデジタル化」
水ノ江和同 文化庁文化財部記念物課 文化財調査官
14:00-14:20事例報告「東北地方における全国遺跡報告総覧の展望」
菅野智則 東北大学埋蔵文化財調査室 特任准教授
14:20-14:40事例報告「長野・山梨・新潟3県の報告書のデジタル化について」
石坂憲司 信州大学附属図書館 図書館専門職
14:40-15:00休 憩
15:00-15:20事例報告「公立調査機関における報告書デジタル化の取り組み」
中鉢賢治 静岡県埋蔵文化財センター 調査課長
15:20-15:40事例報告「自治体における報告書デジタル化の取り組み」
宮崎敬士 福島県教育庁文化財課南相馬市駐在 文化財主査
15:40-16:00案  内「全国遺跡報告総覧に参加するには―参加手続き・参加してからしていただくこと―」
矢田貴史 島根大学附属図書館 企画・整備グループ
16:00-16:20休 憩
第2部 パネルディスカッション
16:20-17:30パネルディスカッション コーディネータ: 小滝ちひろ 朝日新聞編集委員
パネリスト:高田祐一,水ノ江和同,菅野智則,石坂憲司,中鉢賢治,宮崎敬士
17:30閉会
各講演等資料は、奈良文化財研究所で公開しています。

【お問い合わせ先】
全国遺跡報告総覧プロジェクト事務局:
島根大学学術国際部図書情報課
TEL : 0742-30-6754 FAX : 0742-30-6750
mail: rar@lib.shimane-u.ac.jp
会場館連絡先:
奈良文化財研究所 企画調整部
TEL : 06-6850-5071 FAX : 06-6850-5052